読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせんの日記帳

日々の適当なあれをあれするブログ。ニッチな話題が多い。たまに絵をうpする可能性もある。取り上げている話題について一定程度の知識を有していないと理解できないことがあるので注意。

熱が引きました

やっぱりお医者さんすごい。

昨日インフルじゃないかと勘ぐりながら病院に行ったものだから、どうして診断もしないで風邪薬渡されたんだろう、疑ってもいいんじゃないかと内心思いつつも帰って来た僕でしたが、その翌日、つまり今日、熱は引き頭痛は治り腰は痛くなくなり、おちんちんも元気になりました。
やっぱりインフルじゃなかったんだなぁ……。

しかしすごい高熱だったのに、すっかり治ってしまうとは。お薬のおかげか若さのおかげか、はたまた日頃から善行を積んでいるからか。多分最後の理由だな。
というわけでこの記事を書いている時点では、多少鼻水が出たり喉がイガイガする以外には目立った症状はありません。朝の時点から余裕も随分できていたので勉強もしっかりしました。偉いなぁ。こういうところが日頃の行いの良さってものなんだろう……。普段は朝から勉強なんざしねえがな。

こんな時期に高熱を出しました

始まりは昨日の学校。僕はなんだか鼻水が出やすい日だなぁと思いながら授業を受けていました。
それでも普段より少し多い程度でしたから、全く気にしてもいませんでした。ただティッシュの減りが早いということだけなんとなく気になっていました。

そんなこんなで授業が終わり、スクールバスは1時間半程度したら出発です。僕はそれまでの間教室で勉強することにしました。
僕は理系選択のくせに理数系が壊滅状態ですから、なんとかしなくてはいけません。場合によっては卒業が危ういという話さえ聞きました。これは一大事だ。そこで僕は最近化学を重点的に勉強している友人に教えてもらうことにしたのです。なんだかんだで、自分で勉強するより1対1で教えてもらった方が頭に入りやすいですから(何よりやる気に左右されません)。

ところがですよ、やる気に左右されないと思っていたら、どうやら左右されるようなのです。もちろん聞いておいて聞くつもりがない、というわけではありません。嫌いな教科ながらも、なんとかしなくてはいけないという思いはありましたから、ちゃんと真面目に聞いたつもりです。
ところがどっこい、これが全然頭に入ってこない。いつもだったら耳で聞いたものは嫌でもなんとなく覚えられるものなのに。というか、だんだん頭が痛くなってきた。これはまずいな……、というかその時間の中で教えてもらったことを終わりには忘れてるって重症すぎるというか、もう僕って人間として脳の機能が死んでるんじゃないか? 僕はそんなに馬鹿だっただろうか? もしや、悪の秘密結社が僕の圧倒的な能力を恐れて改造したのでは? そう思っていたらバスの発車時刻が迫って来たので、その日は帰りました。
ちなみにティッシュが途中でなくなったので、他人のティッシュを勝手に借りました近くになぜかティッシュが置いてあったので使わせてもらいました。

そんな感じで、なんやかんやで帰宅。その時には結構調子が悪かったので、その日は早めに風呂に入って寝ました。

そして今日の朝です。前の日からそこまでコンディションが変わったわけではないものの、ものすごい頭痛。腰痛。そしてどんなにつついてもおちんちんが元気にならない。これは由々しき事態だ……。
親がベッドの横にやって来て、何やら怒りながら熱を測るように言ってきます。全く何をそんなに怒っているんだ……(後から聞いたところによると何回も起こしたそうです。全く気づかなかった)。
僕は言われるがまま、熱を測りました。すると出たのは37.3。なんだぁ、たいした熱ではない。しかし大事をとってか、休むように言われたので、僕はほころぶ顔を抑えながら辛そうに返事をしました。

そして夕方になってから熱を測ると……? おやおや、おやおやおやおや。おや〜〜〜??? おや? なんだこれは?
8……? 末広がりやん。縁起ええやん。エンドレスエイトやん。関ジャニ∞やん。患者にだけに。

そう思った時にはそろそろ病院に行く時間だったので、行って来ましたよ。そうしたらベッドに連行。ああ、これはインフルエンザの診断をする流れだな……、そう思っていたら。

「診察室にどうぞ〜」

あれ? 症状を伝えたら、次はインフルの診断ではないの?
しかしあれよあれよという間に、診察は進んでいく。普通の風邪薬だ。うむ、しかし、正確な情報を伝えた上でこの診察なのだから、インフルではないんだろう。インフルの話も出たけど、なんだか僕の話ではなさそうだ。
そんな感じで現在お家に帰って来た僕は、寝てろと言われたもののただ寝ているのもなんなので勉強をしよう……、と思ったがその前にブログでも書くかぁと思って執筆中です。
なんだかんだ言って結構元気だし、頭痛はするけどぐったりしているわけではないので、多分大丈夫でしょう。復帰も早いはず……、多分。大丈夫じゃなかったら改めて診察を受けよう。

油絵の模試行ってきた

今日は美大の模試があったので行ってきました。昨日の午後と今日の午前で描き、今日の午後に講評がありました。

モチーフは二つあったのですが、その二つがどうも離れすぎていて、二つとも入れるとキャンバス内でのモチーフの大きさが小さくなってしまいそうだったので、片方を描くのをやめてしまいました。
どこを切り取るのも自由なので別にそれは構わないんですが、周りはみんな両方入れてる(角度的に入れやすい人も多い)のに、僕だけ入れていないのはなんか居心地が悪かったです。

まず、モチーフをクロッキー帳に描いてエスキースにして、そのあとキャンバスに描こうと思ったんですが、ここで大きな問題が。
練り消しないやん。

どうやら僕は消すことができない状況でキャンバス上に下書きをしなくてはならないようだ……、と絶望しかけていた僕は、なんとなく周りを見渡しました(美大の試験は周りを見てもカンニングしようがないので見てもオッケーです)。
するとそこにはなんかばばーっと水色をキャンバスに塗っている人が。そういうのもあるのかと感心して右を向くと、今度は茶色をばばーっ。

鉛筆で下書きしている人も、炭で下書きしている人もいましたが、どうせ消せないならいきなり何か塗ってしまえと思い、僕も刷毛を使って夕焼けっぽい色をはばーっと塗りました。別にその時間夕焼けではありませんでしたが、他のばばー組とダブらない色が良かったので。

そしてそのあとはなんか適当に塗り進め、案外うまく行ったので、「厚塗りどうしても上手くいかなかったこの僕が油絵では厚塗り界のヒーローじゃないか!」と大げさなことを考えながら1日目終了。あくる日の悲劇などその時は予想だにしていませんでした。

それはそうと、昨日から出来てるこの右腿の上にできた謎の出来物、めちゃくちゃ気になるんですよね。昨日帰っている途中で痒くなって、ポリっと何気なくズボンの上から太ももを掻いたら、その瞬間が激痛が走りました。

驚いたので家で確認すると結構大きなポッコリがあるじゃありませんか。なんなんだろうと見てみるとその震源地には一筋の柱が。そう、毛です。

僕は脚が結構生え散らかしてるので、毛は無尽蔵にあるわけですが、腿の毛のうち1匹がクーデターを起こしたようで、これは前代未聞でした。このまま謀反の流れが始まったら僕の毛は全て出来物製造機になってしまう……。
ここはなんとしてでも食い止めなくては! 僕はそう思い、おもむろにセロハンテープを取り出しました。

そしてそれで毛を挟むと、「ハイヤァァ!」と引っこ抜きました。
いやぁ、いい仕事したなぁと思い、そのままグダグダ時間を潰しながら就寝。
翌日の朝見てみると、中から膿が出てました。やはりいい仕事だったようだ。

2日目。この日は朝から作業です。あまりの眠さに帰りたくなりましたよもう。
昨日時点でまあまあ出来ていたので、今日は細かいところと、顔を描くくらいでした。まあそこまで慌てることもなく描き終え、試験終了。なにせ描くもの一つ減らしてますからね。背景もろくに描いてないし。というか壁だし。
最後は輪郭を綺麗にしようと思っていたのですが、まだ乾いていなかったので上書きできなくて少し汚くなってしまいました。

そして片付けが始まり、周りがテキパキ片付けている中、僕はもたもた。変に焦って片付けていると、やらかしましたよ。ええ。親指の関節部分の皮膚をペーパーパレットで切ってしまいまして。

しかしそこはレンジャーのスキルを取得している僕ですから(大嘘)、とりあえず傷口を思い切り押さえながら片付けを終え、そのあとは絵に使っていたキッチンペーパーを小さく切って傷口に当て、同じく絵に使っていたマスキングテープを使って簡易絆創膏を作りました。

適切すぎると言ってもいい処置によりほとんど出血はなく、気になるのは油絵の成分が傷口から侵入していないかどうかだけです。
もし侵入していたら具合が悪くなるかラリっちゃうかのどちらかでしょう。後者は怖いからせめて前者であってくれ。

待機室を用意してあると言われたのでその場所に向かうと、すでに人が集まっており、談笑しておりました。
空いている場所に僕はどかっと座り込み、もっしゃもっしゃとご飯を食べ始めたわけです。
すると急にみんな絵を描き始める。ああ熱心だなぁと感心しながら僕はもっしゃり。

食事も終わりがけになったところで、前方の視界に女の人が。

「何科の生徒?」

なんだろう。どういう意図の質問かわからないけど、答えておくか。

「油絵です」

なにやら困った表情をしているな……、何かしてしまったか?

「ここ今授業してるから、悪いんだけど廊下で食べてくれる?」

「あ、すいません」

あ、すいませんじゃないよ。なんか困った人だなぁみたいな扱われ方しちゃったよ。
いやしかし、入ったときは描いてる最中風に見えつつもみんな思い思いに座って駄弁っていたから、ここだと思っても仕方がないだろう。僕は変じゃないはず。 なんとなく恥ずかしくなりながらも、恥ずかしそうにしていると本当にただの恥ずかしい人だ。そう思った僕は、困った人を演じきりましたよ。ええ。
開き直って特に慌てることもなくのんびり片付けてのんびり退出しましたよ。こうだろ? これがいいんだろ? 困った人だなぁって思いたいんだろ君は? 僕のことをよォ〜〜ッ!

そう、あくる日の悲劇とはこれのことで、別にキャンバス上で大きなミスを犯したわけではありません。まあ現実上のミスもこの適度なら日常茶飯事なんですけど。なんですけども。

そうして退出したあとその階をウロウロしていたら、今度こそ本当に開放スペースを発見。
講評が始まるまではまだ時間があるので、なんとなく時間を潰しておりました。

講評の時間になって、僕はようやく気がつきました。
これ、絵画や。
そう、これモチーフを描くというよりモチーフを生かして自分の絵を描くって言った方が正しいような感じなのです。人間と静物の距離なんか問題ではありませんでした。好きなように重ねてしまえばいいのです。僕らを縛れるものなんか初めからなかったんだ。

それに気づいても時すでに遅しだったので、僕は次から頑張ろうという意識にすでにシフトしていたわけですが、講評も聞いてきました。

言うには、塗りはこのままスキルアップしていけばよく、まあ後はなんだろう、うーん、よくわからなかった。うん。何か言われたんだよ(覚えてない)。
2枚目だからしょうがない、頑張ろう、みたいなことがほとんどで、ぼんやりとコメントをいただいた気がするので、あんまり印象はないですが、とにかく得たものは大きかったと思います。

今回僕は普通に描いて終わりだったので、自分らしい表現を探す旅に出ます。
おっかさん、それじゃあ行ってくるね。

Tree of Saviorの世界にな!!!
(訳:ネトゲやります)

クレリックで始めた

ToS

最初はスタンダードな職から始めようと思ってソードマンから始めていた僕でありましたが、これがなんというか、あんまり面白くない。なんだろう、僕のやりたいのはこういうのじゃない。あとどうやらPTでも需要があんまりない。
なるほど確かに探してもソードマン系の人が入ってるPT見かけなかったわ。「おっ、このPT後衛しかいないじゃ〜ん! 参加してげよっかな〜、怖いからやめよ(チキン)」とか考えてた自分が恥ずかしい。

というわけで、クレリックで始めましたよ僕は。始めましたわもう。
序盤中の序盤はどんな感じだったかというと、どうもこうも……、ヒールでしかまともに攻撃できない。つらい。あれ? これソロ無理なんじゃねやっぱり? そう思っていた矢先。
知らない間に経験値カードがたくさん貯まっていたのでありったけぶっこむと、転職可能に。そしてプリーストになっておく(ブレスがつけたかった)。
正直どんなビルドがいいのかネトゲ初挑戦の僕にはサッパリピーマンでしたが、このキャラはもうお試しでいいやと開き直り、ざっくり(とは言いつつも結構時間をかけて)ビルドとやらを考え、プレイしております。

転職して、あとお金も貯まっていたのでバフ屋でブレスとサクラをつけてもらったら世界が変わりました。なんだこれは。新しいマップのちょっぴり強そうな敵が一撃で屠れるじゃないか。というか逆にバフ屋利用しなかったら俺挫折してた可能性あるわ。気づいてよかった。そんな感じになり、楽しくワンパンしておりました。
自分でブレスも使えるので、回数制限のせいでバフ屋のバフが切れても自前で用意できるし(1分だけだけど)、プリにしてよかったかも。なんかプリはSPR振れっていう話も聞いたけどソロだしいいんじゃないか? よくないのか。そうか。

そして現在はなんとなくヒールを置いたり棒で叩いたりゾーンで攻撃を防いだりしながらやっております。正しいスキル振りとかわからないけど思ったようにやってればそのうちわかるでしょう。多分。

そのほかの職にも興味が湧いてきて色々見ていたんですが、なんだろう。ウィズは序盤から中盤くらいまでがマゾ向けだし、アチャはよくわかんないけど、ソードマンはあんまり需要がないし。なかなかいいチョイスだったんじゃないか僕? という気持ちに。
でも次やるならウィズですかね。でもなんか普通にプレイしてるとアチャばっかり見かける気がする。強いのかな。

大人になりたい

ここで言う「大人になりたい」というのは、単に年齢的に大人になりたいというわけでもなければ、子供が憧憬を抱いているだけでもありません。
分別がついていて、思慮深く、他人を顧慮でき、欲深くなく……、といった要素のある、総合的に大人な人物になりたいという意味です。

つまり、年齢的に子供でも、大人の権力を持っていなくてもいいわけです。この「大人」というのはそういった概念ではないので。
君子になりたいと言い換えてもいいかもしれませんね。ちょっと古めかしい言い方をするならば。

さて、本当にこれだけなので、これ以上語ることがなくなってしまいました。どうしてそう思うようになったかとか、具体的にどうするのかとか、そういったことを書いていった方がいいのかもしれませんが、それはまたの機会にしたいと思います。

油絵をやってみました

雑記

僕は美大志望で、できることなら東京芸大に入りたいと思っています。
そのため、今は画塾に通っていて、そこで絵の勉強などをしているわけですが。
最近になって本当に自分はデザイン科に行きたいのか? ということに関して疑問を抱いた次第でして。
そんなわけで、最近油絵科に転向したのです。まあ、この時期にいきなり変えるのは結構博打みたいなところはあるのですが、そこは熱意と気合いと、あとは日頃の努力でなんとか乗り越えてみせます。浪人も覚悟の上です。
というか、東京芸大の、それも油絵科に関しては、多浪してもおかしくないくらいです。
念のため言っておきますが、かといって浪人を前提に考えているわけではありませんよ。


それで、油絵をやったわけです。
感想を言うと、これかなり融通がきくな! という感じですね。
以前デザイン科を目指していた頃は、アクリル絵の具を使っていたんですが、これは結構すぐに乾いてしまうし、水に溶く加減も難しかったんですよね。それに、なんだかいくら使ってもその挙動に慣れないというか、やりたい表現がしづらい。それに修正もそこまでできない。
それに比べて油絵の取り回しのしやすさと言ったら! これだけでも油絵科にしてよかったと思えるほどです。やっぱり現代まで使われているのには理由があるんですね。
とはいえ、実際にこれを仕事で使うつもりではありませんが。最終的にはやっぱりパソコンになると思います。表現のしやすさはともかく、データの管理や納品においてパソコンで描いた絵の方が使いやすいですし、劣化もしませんし、かさばりませんから。

具体的にどう扱いやすいかというと、まず絵の具が乾きにくいんですね。これによって必要以上に急いで描く必要もありませんし、色ぬりの計画もそこまでガチガチにしなくても、ある程度取り返しがつきます。
失敗した! と思って塗り直そうと思ったら、すでにその色が乾いていて再現できなかった……。仕方ないのでその色が使われている部分全体を塗り直した、などという二度手間がなくなります。
それと、失敗したら絵の具を拭き取るなんてこともできます。削り取ることも。削り取るというのはそこまで絵の具を盛っていないのであまりやっていませんが。

また、本当になかなか乾かないので、日をまたいでもパレットをそのままにして作業を再開できます。これ凄く驚きました。次の日になっても前日と同じように絵の具が使えたので。さすがに、パレット上に薄く伸ばされているところは乾いていましたが、チューブから出した場所はそのままに残っていました。

あとは、これはなかなか言語化するのが難しいんですが、なんとなく「思った感じに描ける」んですよね。自分と思考と実際に塗られた状態とのギャップがそこまで激しくないというか。思った感じと違う……、という感覚がなかったんです。
こう塗ったらこうなるだろうな、というのが予想しやすい。それも、割と理想に近い形になる。なので、失敗するとしたらその時は自分の中でもしっかりと定まっていなかった場合です。

そんなわけで、油絵は結構いい画材でした。これを使う方に変更したのは間違いではなかったようです。道自体は修羅の道なのかもしれませんが。画材によるストレスがないのはいいことですね。

できればどんな絵を描いたのかをここにうpしたいところなんですが、ちょっとそれは画塾の方針で許されていないので、控えさせていただきます。また趣味で油絵を描くことがあればどんどんうpするので、ぜひ見ていってください。基本的にtwitterに上げると思いますが、こっちにも上げるかもしれない。twitterのリンクを貼るなどする方が多くなるかもしれません。pixivもやってはいるのですが、なんとなく油絵を上げるのは違う感じがします。まあ別にいいんですけどね。

タイピング練習の今後

なんだろう、めんどくさい。

最近ずっとタイピングをやってるわけだけど、毎回前回よりも良い結果を出そうと考えると、やっぱり始めるのが億劫になってしまいます。
なので、今後やっていく場合はもう少し適当でいいと思いました。毎日ダラダラと練習して、気が向いたら本気で練習する、そのくらいがちょうどいい様な気がしました。

LaserBeamもそのうち多分出るでしょう。
なんというか、現在僕の中で、必要ないことは捨てていって、本当に自分にとって必要なことだけをしていこうという気持ちが強まっていて、それを踏まえて考えた結果、「タイピングの練習そのものに時間をかけるよりも、そのタイピングの技術を実用的に用いたほうがいいのではないだろうか」、という考えに至ったわけです。
結局、タイピングってある程度効率を求めたらそれ以上はそこまで作業効率には影響してこないし、もっと遥かに影響してくるのは、時間の配分だったり無駄の削減なんですよね。それに、スピードよりもミスを減らしたほうがいいんです。それは、スコアのためにミスを減らすのではなくて、普段の作業中のタイプミスを減らすべきということです。速度をあえて落としてミスを減らしたほうが、推敲の手間もいくらか減るし、バックスペースキーを押す回数も少なくて済み、打ち直しが減るので指も疲れません。

ただ、これからも400あたりを維持していこうと思っています。できればもうちょっと上がったらいいなー、程度に。なので今後は惰性になりますね。
また気が変わったら一つ記事を書こうと思います。それからまたスコアをうpし始めるかもしれません。
正直タイピングの話題がなくなったらこのブログの内容がなくなってしまう薄くなってしまう気もしますが、多分大丈夫でしょう。油絵の話かネトゲの話でもすることにします。それに、たまたまスコアの新記録が出たらうpすると思いますし。