読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせんの日記帳

日々の適当なあれをあれするブログ。ニッチな話題が多い。たまに絵をうpする可能性もある。取り上げている話題について一定程度の知識を有していないと理解できないことがあるので注意。

タイピングに凝ってます

PC

タイピングが趣味です。とは言ってもそこまで早いわけではありません。

e-typingで普通の時はninjaが出る程度の速さです。友人には基地外と呼ばれるものの、本当のタイピング界では手も足も出ない程度の実力ですね。

さっきやった時はCometが出ましたが、多分もう出ないと思います、すぐには。

 

しかし、文字を実際に入力する時は絶対に普通の人よりも早い自信がありますね。だって僕、普通にタイピングしてるだけではなくて、Macの機能を最大限使いこなしているので(最大限は言い過ぎかも)。

調べればわかるんですけど、MacってEmacsキーバインドがある程度使えるんですよ。なので文字を打ち間違えてもBackSpaceを押さなくていいということで、かなり短縮されてます。本当はEnterも押さなくていいくらいなんですけど、それはやってないですね。

 

あとは最適化もすこしだけしています。これも調べればわかるのでここで詳しく書くことはしませんが、kiを薬指→中指、deを人差し指→中指という順番でタイプしたり、nuを人差し指→中指でやったりという具合です。

他にはzaを薬指→小指でやる人もいるみたいなんですが、僕には向いていなかったみたいなのでやってないですね。

そんな感じで、時々ホームポジションを逸脱した指の動きなんかをしたりしています。

 

それでもやっぱり一定程度の速さにしかなりませんね。実際には本番の時の集中力とか、文字を見てから打ち始めるまでの速さとか、そういうのもあるでしょうし、あとは単純になんどもやることによって慣れるとか、地道な努力もあるのでしょうが、なかなか速くならない……。

タイピング自体はほとんど毎日やってるはずなんですけどねぇ。そこまで速く打ち込まなきゃいけないような場面がないからでしょうか? チャットなんかも今じゃ廃れてしまってる部分があるし、twitterはそこまで早いタイピングじゃなくてもできないことはないものだから、そこまで速く打ち込もうという気持ちにならないんですよね……。

最近ネトゲを始めたので、もしかしたらその中のチャットのおかげで速く入力しなきゃと思えるようになるかもしれません。案外、単純なタイピング練習よりもそういうもののほうが早くなったりするんですよね。

 

そんなわけでございました。本当はe-typingのCometが出た時の画像なんかも乗っけたかったんですが、間違えてもう一回を押してしまって新しいのが始まってしまったので、スクショが取れず……。またタイピングのことに関して進展があったらその時にうpしようと思います。例えばProfessorが出た時なんかに。出なかったらこの話はなしで。絶対出します。

 

その先にはlaser beamなんていうのもあるようなので、professorが出たらその次はそれですね。

 

まあ特に面白くもなんともない記事でしたが、そんな感じで。

自分の周りに自分よりも速い人がいなかったのですが、twitterで僕よりも速い人を見てしまったのでタイピング熱が再熱してしまいました。もうちょっと頑張れるのではないかと。他人にできて自分にできぬことはない……、と思いたい。