読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふせんの日記帳

日々の適当なあれをあれするブログ。ニッチな話題が多い。たまに絵をうpする可能性もある。取り上げている話題について一定程度の知識を有していないと理解できないことがあるので注意。

開発進捗 02

正直に白状しようと思う。
私は友人にプログラムを教え、共に開発するのを諦めたい。
これは極めて合理的な思考による結論なのだが、私一人で開発したほうが圧倒的に効率がいい。
その理由を書いていこう。読む人によってはどうでもいい内容だが、そもそも開発の進捗なんて人類の99.999999%くらいにとってはどうでもいい内容だ。

1. 友人は素人である。

いや、かく言う俺も素人には違いない。実際に開発をしたことはないのだから。
しかしプログラミングの勉強はある程度ならした。その他諸々の知識も有している。
それに対して友人はパソコンの設定を弄るのにコントロールパネルを使うことさえ知らなかったような人間である。
別に貶しているわけではないのだ。ただそこに事実として転がっている以上、無視することは出来ない。

2. 友人のパソコンはWindowsである。

iOS開発において一番の障害がこれだ。iOSの開発には基本的にMacが、MacXcodeが必須である。
もちろんXcodeは俺が持っているし、どうやら最近のVisual StudioではiOS開発も対応しているらしいことは知っている。
しかし圧倒的に足りないのはリファレンスである。つまりは参考資料だ。C#を使ってiOSを開発する方法なんて情報がそう簡単に手に入るはずがないのだ。
いや、あるにはある。しかし俺は素人。開発経験など一切ない。友人に教えながらやるには少々、いや大いに無理がある。
そう考えると、やはりSwiftなどで開発したほうが件名という結論を出さざるを得ないのだ。
C#ではちょっと難しいが、Swiftでならその日のうちに画面を表示できる自信がある。まあ逆に言うとそれ以上出来るかどうかは分からない。

3. 協力者が現れる予兆がある

そしてその協力者になり得る人物にはMacを買うように勧めてある。絵を描きたいと言ったのでそれならMacだと勧めたのだ。
もし違うことがしたいと言っていたのならMacを勧めただろう。つまりMacである。とにかくMac。これが答えだ。Macだ。林檎様万歳。林檎様万歳。
なのでそう考えるとSwiftにしておいたほうが圧倒的にメリットが多い。

では友人はどう関らせれば良いのだろうか。それは俺も思った。最初は友人が良い出したのに、友人が一番楽をする展開は俺としても非常に望ましくない。
しかし俺が損するか得するかで言えば、俺一人で開発したほうが確実に損が少ない。どちらも得するわけではないが一人のほうがまだマシと言えるのだ。